OPERATOR

迎賓(お客様入場)

新郎新婦の結婚式が滞りなく終わり、お客様が披露宴会場に入ってくるタイミングです。
お客様はどんな会場で披露宴を楽しみ、お食事を頂くのかとドキドキワクワクしながら会場に入ってきます。結婚式の厳かな雰囲気から開放され、自由に楽しみたい!そんな気持ちです。
ディズニーランドで言えばゲートをくぐりランド内に入る瞬間のイメージです。

♪ここでかけるBGMは明るいイメージのBGMです。新郎新婦が選曲している場合もありますがこちらで選曲できるのであれば、明るい軽めのアップテンポなBGMを選択します。ボリュームも大事で新郎新婦入場時の曲がボリューム10とした場合、このシーンはボリューム5~6ぐらいです。歓談タイムはボリューム3ぐらい。それより少し大きいイメージです。

照明は基本全灯がいいと思います。会場によっては窓のカーテンを閉めて、気持ち薄暗くして入場させ、乾杯の際にカーテンを開け会場を全灯し、外の明かりと、海が一望できる!そんなオシャレな演出を行っている会場もあります。うらやましい!

この間に司会者がコメントをする可能性があります。その際は司会者の声が会場全体に聞こえるようにBGMボリュームを一旦2~3ぐらいに下げましょう。

そして司会者のマイクボリュームの微調整も常に必要です。

司会者のコメントが終わりましたら、またBGMボリュームを5~6に戻しましょう。

全てのお客様が入りきったところで入場口の扉を一度閉めます。その辺りで少しボリュームを下げます。3~4です。

※ちなみにボリューム下げる、他の言い方でボリュームを落とす、絞るなどもあります。ここでいろいろな言い回しも覚えておきましょう!

その後は新郎新婦の入場の準備が整うのを待ちます。この間は歓談タイムです。司会者がコメントされる際は、BGMのボリュームを落とす、その他、BGMによって音の大きさが違うので同音量で流れるように常に気を配り微調整をしましょう。

一度閉めた扉の反対側では続いて新郎新婦の入場の準備に入ります。ここでは会場全体の責任者であるキャプテン(新郎新婦の先導や、タイミングで新郎新婦を動かす係り。また料理やタイムスケジュールの管理など全てを把握し動かしている)が新郎新婦へ挨拶と入場の際の説明を行ないます。この説明が終わると『新郎新婦入場』シーンに繋がります。