OPERATOR

開演の辞、プロフィール、乾杯

開演の辞

無音の中、司会者より開演を宣言します。「○○様と○○様の披露宴を開宴させていただきます」と言った内容のコメントです。マイクボリューム調整します。

主賓の挨拶

主賓の方より祝辞のスピーチ。(スポット当てる)マイクボリューム調整します。

乾杯の準備(プロフィール)紹介

司会者より『これよりは乾杯の準備へと進ませて頂きます…』とコメントをしたところでプロフィールの曲(又は乾杯の準備曲)をボリューム2ぐらいの大きさで流します。
会場スタッフが乾杯酒をゲストに注ぐ中で司会者がプロフィールの紹介を行いますが、プロフィールの紹介がゲストに聞こえないと困る(クレームの元となる)ので、BGMは添えるぐらいの音量で大丈夫です。

※司会者のプロフィール紹介が終わったと同時に乾杯酒が配り終わっていればそのままBGMはフェードアウトでいいのですが、まだ乾杯酒サービス中だった場合はそのままプロフィール曲を流し続け、キャプテンから配り終わった合図がきたらBGMをフェードアウトボリューム0にします。

この際、少し長い時間BGMをかけていることになるので、次の曲が流れてしまわないよう秒数チェックは必須です

乾杯

無音の中、司会者より乾杯のご発声者が紹介され、紹介された方がマイクでスピーチをします。(スポット当てる)マイクのボリュームを調整します。
乾杯の方の『乾杯~!!』 の発声のもと、乾杯のBGMをレベル9~10で流します。
その後ゲストが着席します。そのタイミングでBGMのボリュームをダウン5ぐらいに調整します。乾杯の曲をかけきりで歓談曲へつなげますが、歓談曲はレベル3ぐらいで良いと思います。

※新郎新婦入場着席から照明に触れていませんが基本的に全灯でいいと思います。中には乾杯準備で薄暗く、乾杯!で全灯!のような演出もありますが、感性で行っても楽しいものです。