OPERATOR

各シーンご紹介

ブライダルオペレーターは主に披露宴を担当することが多いので披露宴の流れを重点的にご紹介していきます。ブライダル業界では披露宴は大体どこも同じ流れです。一般的な流れと基本をご紹介していきたいと思います。

その前に…

ブライダルオペレーターは披露宴開宴前の2時間ぐらい前に会場入りします。
開宴前のチェック項目が色々あります。それ以外にも余興のリハや、新規お客様の内覧なども重なると時間を取られてしますのです。その分も含めて、少し早めに来館しましょう。

会場や、音響会社さんによって音源はさまざまです。CD、MD、SDカード、PCなど。 よって確認の仕方もさまざまですのでここでは割愛させていただきます。 現場の指示にしたがって確認をしてください。

まずは披露宴の流れをご紹介致します。

披露宴の流れ

  1. 迎賓(お客様ご入場)
  2. 新郎新婦ご入場
  3. 開演の辞(司会より)
  4. 新郎挨拶
  5. 主賓の挨拶(基本新郎・新婦側で1人づつ)
  6. 乾杯の準備(司会者よりプロフィール紹介)
  7. 乾杯
  8. ウエディングケーキ入刀
  9. 新婦お色直し退場
  10. 新郎お色直し退場
  11. プロフィールムービー上映(新郎新婦中座中)
  12. お色直し再入場
  13. 各卓ラウンド(キャンドルサービス・その他)
  14. メイン演出(メインキャンドル・その他)
  15. 子供の花束
  16. 余興タイム
  17. 司会者より祝電披露
  18. 新婦手紙朗読
  19. ご両親へ花束贈呈
  20. 両家代表謝辞
  21. 新郎謝辞
  22. お開き宣言(司会者より)
  23. 新郎・新婦退場
  24. 送賓(お客様退場)

基本的にはこのような流れです。会場によってはプロフィール紹介を主賓挨拶前に行うケースもあります。また新郎新婦の希望で順番が前後することも多々あります。